2022-03-19 16:47:00

トレーニングフロウ

トレーニングフロウ HP.001.jpeg

2022-03-19 16:46:00

アップデート / メンテナンス

コラム 表紙 アップデート.001.jpeg

皆様もスマートフォンでお気に入りのアプリがあると思います。

お役立ちアプリからSNS、エンターテインメント等、様々な機能で私たちの生活を豊かに、快適にしてくれます。

 

そう、今日のコラムはそんなアプリたちに定期的に行われるアップデート / メンテナンスのお話です。

 

一般的なアプリは、ある一定の時間アプリの利用を制限し、

「不具合やシステムエラーの改善」「新しい機能の追加」を行います。

ユーザーからの声を形にしたり、より良いサービスのための準備時間として定期的に所要されます。

 

一時的にアプリが使えなくなるので、「わずらわしいな」と思うかもしれませんが、より良い機能を保つためには必要な時間となります。

 

カラダにも同じことが言えるでしょう

「痛みや違和感の改善」「ルックスの劣化の改善」「体組成のコントロール」「新しい機能の追加」

そのアップデート / メンテナンスを「パーソナルトレーニング」の時間と思ってください。より良い機能を保つためには必要な時間となります。

なぜ「不具合やシステムエラー」おこるのかを共に考え、それを未然に防ぐ「新しい機能の追加」にライフスタイルの一定のお時間をください。

必ず力になります。

 

最後に、アプリと体の決定的な違いは「Delete」にあります。

「気に入らない」「使いづらい」「不必要」なアプリはすぐにでも消去できますが、あなたの大切な体はそういきません。

ご自身の体の機能を見直し「痛みがない」「見た目が良い」「疲れない」を目指しましょう。

 

皆様の本気お待ちしております!!

 

赤神

 

2022-03-19 16:45:00

その場しのぎ / 単独のメソッドからの卒業

その場しのぎ / 単独のメソッドからの卒業

体づくりを考えたときに、選んだ方法が「自分の体」「ライフスタイル」に合っているかということがキーポイントですが

その前に、選んだ方法が「その場しのぎ」なのか「根本改善」を考えることが、とても大切になります。

 

減量 / ダイエット /ボディメイクを目的とした場合

「太ったからしばらく食べない」「とりあえず走る」ではなく

「自分に必要な栄養素を考える」「なぜ消費カロリーより摂取カロリーが多いのか」「なぜ食欲に依存してストレスを解消するのか」「基礎代謝を上げるために運動習慣を持つ」

「体の機能として取りないものは何か」「体の機能として過剰なものは何か」etc ...もっと根本的なことに向き合うことが重要です.

 

人間は食べずに生きていくことはできません。食べないということはカロリーの制限になりますが、ビタミン・ミネラルといった体を調整する栄養素の枯渇を招いてしまいます。

「健康のための食事」「楽しむための食事」を分けて考え、食について考えていく必要があります。

 

ヨガ / ピラテス / ◯◯式 / ~メソッド

たくさんのメソッド/方法論はありますが、全て万人に向けたものではなく、その効果にも個人差があります。効果がないわけではなく怪我・障害につながるケースも多いです。

原則にそってカラダ本来の機能を引き出すことによって、メソッドが生きます。今一度カラダに自信を持つために基礎からトレーニングを行いませんか??

 

皆様の「なぜ」に応える指導を心がけております。皆様の本気お待ちしております!

 

赤神

 

2022-03-19 16:43:00

雨漏り理論

雨漏り理論

帰宅し、自宅の玄関の天井から雨漏りしていたらあなたはどうするでしょうか?

 

もちろん、

①水浸しの床を拭き、天井から落ちてくる水滴を溜めるバケツを置く。

②業者を呼び、屋根裏に入ってもらい原因をはっきりさせ、修理をしてもらう。

 

カラダに不具合があるときには、上記をイメージしましょう。

①を「対処療法」、②を「根本改善」としたとき、ほとんどの方が①止まりになっている場合がほとんどです。

 

床を拭き続けるのか、天井を改装して雨漏り自体を解決するのか。よく考えてみましょう。

床を拭き続ける間にも、天井の機能はどんどんさがり、いつかは天井が全く機能しなくなり、雨漏りでは済まない状態になります。

 

①太ったから食事をコントロール  ②食べたものを有効に使えるカラダに◯

②肩こり・腰痛がひどいからマッサージをする  ②肩こり・腰痛を生み出すカラダの癖を直す◯

 

①とともに②を意識することが大切です。

そして、カラダの不具合の原因のほとんどが「動作の劣化」と「不活動」です。

上記を根本改善するためには、パーソナルトレーニングの経験が必要です。雨漏りの原因を突き止め直すプロががいるように、我々パーソナルトレーナーはカラダの不具合を原因を突き止め、解決に向けた運動を処方するプロです。

その人に本当にあったトレーニングを行うためには、「動作の評価」が必須です。それを無しにトレーニングを行う(行わせること)は、不具合を拡大させるだけです。

素人が直した天井も怖いですし、素人が直したカラダもいつ問題が再発するかわかりません。

 

人生を楽しむためのカラダを、如何につくるかもう一度考えてみましょう。

皆様の本気お待ちしております‼︎

2022-03-19 16:42:00

エクササイズイズメディシン

エクササイズ イズ メディシン

 

Exercise is Medicine」 エクササイズは薬にも成りうるという言葉があります。

健全に過ごすためにエクササイズは非常に重要であり、その効果は薬に例えられることもあります。

それは、薬のように効果があるという反面、薬のように慎重に処方されなければいけないものであるとも言えます。

 

「病院で診察せずに薬をもらう人はいないのに、トレーニングに関しては動きの適切な評価なしにトレーニングを始める人が多い」 Gray Cook

 

薬にはメリット(主作用)・デメリット(副作用)が存在し、自身の症状に合わせメリット>デメリットでなければ体にとって毒になってしまう。

トレーニングにおいても、自分の目標に対し選んだエクササイズの精度が低ければ、効果が出ないどころか、理想から離れ、Pain(苦痛、痛み)につながることも多い。

 

また、医師の処方箋を必要とせずに購入できる一般用医薬品には、そのグレードに合わせ「この薬品は薬剤師から説明を受け、使用上の注意をよく読んでお使いください」「使用上の注意をよく読み、用法・用量を守って正しくお使いください」となどと広告されています。主に副作用を要因にグレードが分かれています。

 

エクササイズにおいても同じことが言えます。カラダを理想に近づけるためには、パーソナルトレーニングの経験が必ず必要であり、エクササイズのプロ「パーソナルトレーナー」による処方が不可欠です。

インターネットやテレビ・雑誌等で得た知識の中、選ぶエクササイズでは、「時間の浪費」「モチベーションの磨耗」「怪我や障害の増」に陥りやすいです。いくら良い情報でも自分に合っているかわかりません。もっと適切な評価を受け、自分に本当に必要なエクササイズを一緒に考えませんか?

 

ファンダのトレーナーは、運動生理学、機能解剖学、スポーツバイオメカニクス、栄養学、運動医科学等の知識を常に探求し、自らエクササイズを時間の許す限り実践しております。

ファンダのシステムは評価、実践を繰り返し、理想の体に確実に近づいていきます。ぜひご体験くださいね‼︎

皆様の本気お待ちしております‼︎