カラダ-ヅクリ コラム

メソッド迷子
2016-11-18 22:46:22
メソッド迷子
カラダヅクリコラム ロゴ.001.jpeg

 

昨今は、たくさんの「カラダづくり」メソッドが紹介されるようになりました。どれもクオリティが高く、非常に良い時代になりました。情報の多様化により、今後もたくさんの良い健康法、良いメソッドが生まれ、紹介されることでしょう‼︎ 私も自分のカラダで試すのが非常に楽しみです‼︎

 

しかし、どんなに良い方法でも自分のカラダに合っていなければ効果は出ません。たくさんの良いメソッドの中から自分のカラダに合ったモノを選ぶのは非常の難しいことです。

 

例えば、⚪︎⚪︎ダイエット、一つの食材にフォーカスをあてた食事であったり、⚪︎⚪︎だけやればいいといったメソッド。

チャレンジしたことがある方も多いのではないでしょうか?? まず、何か一つのことで理想のカラダができあがることはありません。足りないモノを補い、過剰なモノを抑制しなければ、運動も栄養も休養もカラダにとって毒になります。何かに依存することは偏りを生み出し、理想のカラダに近づくことは難しいでしょう。他の良いものに目を向けない結果にもなるので、一つのメソッド・商品に依存することは、自分の可能性を狭めてしまいます。

 

例えば、有名人、著名人のオススメの「カラダづくり」。

推奨している方と同じライフスタイル、パフォーマンスであれば同じ効果は望めるかもしれませんが、その可能性は非常に低いです。真似をする方のカラダの情報が何もない中、経験論で自分が成功したメソッドを紹介することは非常にナンセンスです。紹介の仕方は万人に有効ですといったメッセージが含まれていることが多い半面、真似をした方が効果が出なかったり、現状から悪化しても責任をとってくれることはありません。

 

上記二つに依存する理由は「楽」だからです。流行りから次の流行りに乗り換え、最先端を取り入れている自分に満足し本当になりたいカラダを見失っているようにも見えます。本当に自分に合ったメソッドを選ぶということは、主観的評価、客観的評価を踏まえたくさんの情報の中からベストな解決方法を導き出すことです。そのためには多くの知識や技術、経験が必要です。メソッドを選ぶといことはもっともっとパーソナルでなければならないと思います。他人が成功した方法で「カラダづくり」をすることは、本当に自分に合った方法があるということを否定しています。それは本当にナンセンスで悲しいことです。

 

日本のフィットネスシーンは遅れているので、メディアが流行をつくり、ムーブメントで火をつけることがほとんどです。もし趣味や興味のあることであれば良いことかもしれませんが、たった一つの尊いカラダのこととなれば別です。自分の選んだメソッドは「選んだ」のではなく「選ばされている」という可能性に気づかなければなりません。そうでなければ、自分のカラダに合っているか、合っていないかわからないメソッドを続け、一生理想のカラダに近づくことはないでしょう。

 

皆さんが、自分にあっている「カラダづくり」を選ぶ基準は何でしょうか?

流行りだから。

簡単にできそうだから。

芸能人がやっているから。

昔、成功したから。

 

 

Fundamental Re Solutionは、今あなたに必要なトレーニングをプログラミングできます。上記のような「メソッド迷子」にならないためには、パーソナルトレーニングの経験が必要です‼︎ 現状把握、客観的・主観的評価を行い、理想のカラダに対してのディスカッションをしましょう!

自分のためだけにプログラミングされたメニューで行うトレーニングは効果も高く、非常に楽しいものです‼︎

皆様の本気お待ちしております‼︎

 

Fundamental Re Solution 赤神修一

1